留学経験を就職活動に活かすためには

  • 留学経験を就職活動に活かすためには

    • 留学をする際に気になることの一つとして挙げられるのが帰国後のことだと考えられます。


      留学をすることで語学力が向上したり積極性が培われたりするので国際的な視野を持った人材を欲している企業には就職しやすくなると言われています。



      しかしその一方でずっと日本にいた学生よりも就職活動が遅れたり期間がずれることもあり逆に不利になる場合もあると指摘されています。

      詳しく知りたい留学情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

      せっかくの経験を活かして将来に繋げていくようにするためにはまず自分の強みを見いだすことが求められます。そのため日本に帰国してから体験したエピソードを書き出してその記録をもとに自分の強みを探っていく作業が大切になってきます。

      留学をしたという経験だけならある程度お金や時間に余裕があれば誰でもすることが出来るのでそこを面接官や企業は重視していません。

      ガジェット通信に関するご質問を解決いたします。

      課題や逆境、弱みに対してそれをどのようにして克服したのか、他人を巻き込んでしたことなどの方が重視されていると考えられます。
      慣れない環境で苦労したことや語学が出来ずに苦戦したこと、育った環境が全く違う人と共同生活をしたりと様々なトラブルがあったと思います。


      それを書き起こして整理して面接やESに活かすことが出来るように準備しましょう。このように留学をしたという経験は語学力だけでなく人としても成長することが出来て日本にいるだけだと出会うことが出来ないような多種多様な人々と交流する機会があります。
      その経験を上手く伝えることが出来れば留学経験を上手く就職活動の時に活かすことが可能です。

  • 関連リンク

    • 日本人の英語力が低いのはここ最近問題になっており、実際に海外へ留学し、海外の留学生がペラペラ英語を話せることに驚いたひとも少なくないはずです。最近では大学在学中や、社会人になってからでも留学する人は多くいます。...

    • 留学をする1番の目的は、言うまでもなく現地の学校で学ぶことですから、勉強を第一に頑張るのは当然のことでしょう。ただ、留学中は勉強以外にもいろんな経験ができるの、そちらも積極的に取り組んでいくといいでしょう。...